1. TOP
  2. 未分類
  3. 翼班、試作の10月

翼班、試作の10月

こんにちは〜、19代翼班員(平)です。このごろ1限に遅刻しまくりでかなりヤバめです()
さて、10月の作業は“18年度機体の修復”と“19年度機体の試作”半々といったところでしょうか。今回は試作に焦点を当てていきます!

●スタイロ翼
鳥科では18年度機体まで基本的に発砲リブを採用していましたが、今年からはスタイロフォーム製リブで翼を作るために試作を始めました。というのも、発砲リブの場合、リブとして切り出す前の発泡スチロールの保管が悪いのかリブがどうしても曲がってしまう問題があり、より硬いスタイロなら解決できるのはと考えたからです。実際スタイロリブは曲がりがなく、とても綺麗にリブ付けをすることができてぜひ採用したいと班員一同思いました。
しかし、空力設計曰く「重量が…」とのことで、残念ながら今年は翼へのスタイロの採用は見送る方向になっています…(20代頑張って!)

201811/21①

Fig.1 スタイロリブ良き

●スパン貼り
もう一つ、今年大きく変えようと考えたのがフィルムの貼り方です。従来の貼り方だとどうしても後縁部分にシワがよってしまい、とてもイヤだったので、フィルムを翼のスパン方向に伸ばしてフィルムを貼る「スパン貼り」を試してみました。結果は、後縁部分は確かに綺麗に貼れるが、前縁部分に除ききれないシワが出来てしまうというものでした。おそらく、フィルムを引っ張る人の技術にもよるのだと思いますが、この試作もボツになりそうです。

…という具合に、いろいろ試作はしていますが、結局従来のやり方が現状の翼班の技術的には最適なのではないかと言う結論に至りつつありますね。まだ決定したわけではないですが。

●ЯTRさん見学
去る10/28に都立産技高専Team ЯTRさんが高専祭で機体の展示を行うということで翼班19代4人でお邪魔させていただきました。ЯTRの皆さん、お忙しい中、懇切丁寧な対応本当にありがとうございました! ワッフル美味しかったです!笑