1. TOP
  2. 未分類
  3. ピトー管(電装)

ピトー管(電装)

こんにちは!19代電装班員の剣豪です。
ブログということで電装班の活動記録を書きたいと思います!!
といっても他の班員の作業については詳しくないので担当のピトー管についてご紹介します。
昨年と同様、五孔ピトー管を製作していく予定です。ピトー管は機体の対気速度を測るためのものです。しかし、ただ速度を測るだけならピトー管である必要はないわけです。(製作も大変…)
ではなぜピトー管かというと「五孔」というのがポイントなわけです。普通のピトー管では主流方向(正面)速度のみですが、五孔にすることで流れの方向を調べることができます。つまりは迎角と横滑り角がわかるわけです!!来年の参考データになるといいですね。
参考としての「五孔」ピトー管を載せておきます。

201811/24②
201811/24①

図 Kantawilleのピトー管

製作あたって、仕組みとしては
① ピトー管から静圧孔と動圧孔、上下および左右の孔の圧力差を差圧センサで読み取る。
② 差圧センサの値を計測アンプで増幅
③ Arduinoのアナログピンで増幅した値を読み取る。
④ 値を用いて速度や迎角、横滑り角を求める。
といった流れです。

現在の段階としては差圧センサから読み取ってみたといったところです。(まだまだこれから)このピトー管はデータを取った後の処理がなくては無意味なのでもっとピトー管について学びたいと思います。

読んでくださってありがとうございます!
それではまた機会があれば!(次はもう少し具体的な紹介ができると..)